ウッドデッキの耐久性

by writer on 2018.09.25

 

事務所デッキ

事務所のウッドデッキはみんなの憩いの場

住宅を新築、リフォームする際、広さの限られた土地であっても、テラスやウッドデッキを設ける事でガラリと印象を変えることができます。
ただ、メンテナンスをしなければ天然木のソフトウッドデッキは早くて2年で腐ってきます。
まずは、ウッドデッキをどのように使いたいかをしっかりと検討することが大切です。
ウッドデッキの材質は、天然木材を用いたタイプと木樹脂を用いたタイプがあり目的に合わせて材料を選ぶべきです。

例えば、自然な見た目・ぬくもり重視で天然素材にこだわるなら天然木。更に、メンテナンスには手間を掛けたくないし、長持ちさせたいならば天然木でもハードウッド。
イニシャルコストを抑えたいし、こまめにメンテナンスできるならば天然木のソフトウッド。
天然素材にこだわりなし、メンテナンス不要で長持ちさせたいならば樹脂木。
どの素材にも長所・短所がありますので、設置する場所の雰囲気やメンテナンス性、デザイン嗜好、ライフスタイルにあった素材を十分に検討しましょう。
また、住宅街ではプライバシーを確保しておかなければ、せっかくのウッドデッキもご近所が気になって使うことができません。
設計段階で、敷地内だけでなく、敷地の外からデッキやテラスがどう見えるか、注意を払いましょう。