Archive of published posts on 12月, 2018

Back home

年末年始のご案内

12/28/2018

 

年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。

年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。

今年もお世話になりました。
時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけください。
来年も誠心誠意努力していく所存ですので、
相変わらぬご高配を頂けますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。

 

誠に勝手ながら、弊社の年末年始の営業は、下記のとおりとさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。
今年一年ご愛顧を賜りまして、大変感謝申し上げますとともに、
皆様のご多幸をお祈りいたします。

 

【年末年始の営業のご案内】

年内営業 平成30年12月29日 18:00まで
年始営業 平成31年  1月  7日   9:00より

シクラメンと窓の断熱

12/21/2018
 
珍しい品種のシクラメンをいただきました。

珍しい品種のシクラメンをいただきました。

 

年末が近づくと花売場にシクラメン やポインセチア が並びます。
植物学者の牧野富太郎が「かがり火」に例えた花の形。
ハート型の葉。赤・白・緑のクリスマスカラー。
鉢花で楽しむのが一般的ですが、
花だけをブーケのようにシンプルな器に飾ってもいいですね。

鉢植えの置き場所は、5℃以下にならない明るい窓辺が最適ですが、
冬の夜は窓辺の寒さ対策が必要な場合もあるようです。

一般的な窓の断熱性能は低く、部屋の寒さ・暑さ対策はまず窓周りから考えてみるのが効果的です。
日本で多く使われているアルミサッシ窓は外の寒さを伝えやすく、暖かさが窓から逃げていきます。
寒さ対策には、窓際からの「冷気」をシャットアウトするのが有効です。
断熱性能が上がれば暖房の立ち上がりも早くなりますし、冷暖房による暖かさや涼しさが長持ちし、光熱費も安くなります。
窓に断熱性の高いカーテンやシェードを付けたり、窓際に窓下用ヒーターを置いたりする他、
新築やリフォームをする際には、壁に断熱材を入れるだけではなく、
窓を二重にする、複層ガラスを使用するとより断熱性が高められます。
窓の性能を確保しつつ、効果的な窓の選択と配置を行うことが重要です。

家庭菜園と外構計画

12/4/2018

 

家庭菜園の赤大根

マンバ・ヒャッカや赤大根等、今朝収穫した家庭菜園の野菜をいただきました。

 

家を新築する際、庭を後々どう使うのか考え準備しておくことも、楽しく美しく快適に過ごすためには大切なことです。

家庭菜園やガーデニング、BBQや子供とのプール遊び、DIYやペットの遊び場など、庭の楽しみは様々。そして、庭で使うものも様々。
庭で使うものだけでなく、屋外にあった方が便利なものもあります。
また、戸建てを新築すれば、これまで実家に預けていた荷物が戻ってきたり、物は増える傾向にあります。

住宅を計画する際には、庭もきれいな状態で楽しむために、道具の収納場所や地面の舗装等を配慮しておくことも必要です。
とりあえず用途がなくても、土のまま放置しているよりは家庭菜園等を楽しむのも一つの方法です。

庭のある暮らしは生活する楽しみを広げてくれます。家族でどう使いたいのか、みんなで考えるのも楽しいことです。