Archived posts in ' "ノウハウ"

Back home

ノウハウ:耐震・制振・免振構造の違い(耐震性の高い構造設計とは?)

11/27/2018

 

耐震・制振・免振構造の違い(耐震性の高い構造設計とは?

「耐震構造<制振構造<免振構造」の順番で地震に強い設計

ノウハウ


住宅を購入する際に耐震性について注力するポイントではないかと思います。住宅の設計・購入を検討している方耐震性ということ以外にも制振構造や免振構造ということばも聞いたことがあるのではないかと思います。今回は耐震構造、制振構造、免振構造について簡単にお話ししたいと思います。簡単に説明すると「耐震構造<制振構造<免振構造」の順番で地震に強い設計となっています。

耐震構造とは

耐震構造とは地震の揺れに耐える構造設計のことです。今の多くの戸建住宅がこの耐震工法で建てられています。壁や柱に補強材等を使用して、戸建住宅自体を堅くし、強くすることで振動に耐えられるように設計されてます。耐震構造は厳密に言うと「空間を維持すること」を目的としているので、地震の大きさによっては柱・梁・壁に損傷が生じてしまう可能性があります。他の構造と比べると戸建住宅の揺れは大きくなります。メリットとしては耐震等級(グレード)によって経済的なコストの設定ができます。

制振構造とは

制振構造とは地震の揺れを吸収する構造設計のことです。戸建住宅内に振動軽減装置であるダンパーと呼ばれる制振部材を設置することで、地震の揺れ吸収するように設計されてます。この制振部材が地震の揺れを吸収するので柱・梁・壁への損傷を耐震構造よりも抑えることができます。ダンパー(振動軽減装置)は補修・交換することができますので、大きな地震により仮に損傷や機能低下が起こった場合でも地震に強い戸建住宅を維持することができます。耐震構造に比べて、総建築コストの割合の中でも振動軽減装置の費用の比率は小さいので、経済的にも高い耐震性能を獲得することができます。

免振構造とは

免震構造とは地震の揺れを受け流す構造設計のことです。戸建住宅と地面の間に免振装置(アイソレータ、ダンパー)を設置することで、地面と切り離すことで地震の揺れを伝えないように設計されています。戸建住宅と地面を絶縁しているので、地震の揺れが伝わらず、戸建住宅に損傷を与えることはほぼありません。また、耐震・制振構造に比べ、戸建住宅の揺れは小さくなります。免振構造はやはり建築コストが高くなってしまいますが、高い耐震性能の確保を考えると最も良い構造設計になります。


まとめ

いかがだったでしょうか。制振構造、免振構造の理解は簡単ではございますが、理解いただけましたでしょうか。「耐震構造<制振構造<免振構造」の順で地震の揺れに強くなります。長く住む家だけにしっかりと地震対策もしていきたいものです。住宅設計を考えていらっしゃる場合はぜひ、お声がけください。


まずはお問い合わせください

当サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。 住宅の設計、デザイン、間取り、建て方などのご依頼・ご相談はお気軽にご連絡ください。 電話もしくは以下リンク先よりお問合せいただけます。
エノキ建築事務所
URL:http://enoki-web.net
(本社)address:香川県高松市鶴市町2032-3
TEL:087-881-5611 mail:enoki.ao@d8.dion.ne.jp
(東京)address:東京都杉並区高円寺南4丁目7-3-702
TEL:03-5929-9263 mail:enokitokyo@gmail.com

ノウハウ:工法の特徴を理解する

11/6/2018

 

構造

鉄骨構造の天井

ノウハウ


家を建てる際、どのような構造・工法を選ぶかは、とても重要な選択となります。敷地の形状や条件、希望の間取りへの対応、将来のリフォームへの対応、工期、コスト、耐久性、耐震性など、ざっと挙げただけでもこれだけあります。今回は、各工法の特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

①在来工法(木造)

一戸建て住宅で最も多く、木造の中でも一般的なものに、「木造軸組み工法」があります。建物の骨組みを柱や梁、桁(けた)、土台などでつくります。斜め材で補強した壁をバランスよく配置させ、地震や風圧に耐えうるようにしてあります。また、柱や梁などあらかじめ加工した部材を現場に運びこむため、1~2日間程度あれば基本的な構造部分が組み上がります。
この工法のメリットとしては、構造上の制約が少なく、狭小地や変形地などにも柔軟に対応できる点です。また、窓の設計や間取りが比較的自由にでき、内装や装備品、構造材の種類も幅広いため、予算に応じて組み合わせて選びやすいところがあります。
一方で、施工技術に熟練を要します。確実な技術を持った業者かどうかの見極めが重要です。ちなみに、設計事務所を通して住宅設計行い、住宅を建てる際には、これらの技術に信頼のおける業者を選んできてくれます。また、他の工法と比べて、機密性や遮音性に劣るというデメリットも存在します。

②2×4工法(木造)

枠組み壁工法とも呼ばれる、4面の壁と床、天井の計6面で建物を支える工法です。壁や床などといった「面」で屋根等を支え、風圧や地震に耐えます。柱を一切使わず、まずは枠からつくります。その枠にパネルをつけ、壁を組み立てていき、天井をつけます。床板を設けたのち、壁を施工していくため、確実に早く施工できるのが特徴です。
気密性、遮音性、断熱性に優れており、また、既製品の部材を用いて、マニュアルにもとづいて施工されるため工期が短くて済みます。在来工法のように、大工の熟練を必要とせずに、建てられます。
一方で、「面」で支える構造となっているため、大きな窓や開口部を取り入れにくいです。また、床から順に建てていくため、屋根が完成するまで中の構造が風雨にさらされることもあります。その他、在来工法に比べて、リフォームのときなどに間取り変更がしにくいというデメリットもあります。

③鉄骨造

在来工法の柱や梁などの構造体を鉄骨に置き換えたバージョンです。使用される部材が既製品のため、一定の品質が担保されます。また、木造に比べると、耐久性、耐震性、耐火性に優れています。軽量鉄骨造の場合は、基礎工事は木造と同程度の期間で済むため、工期が短くて済みます。重量鉄骨造の場合は、間取りや窓などの開口部がとりやすく、敷地の広さや形状にも柔軟に対応することができます。
デメリットとしては、湿気や結露で錆が出る可能性がある点が挙げられます。耐久性に影響するために防錆への施策が必要となります。軽量鉄骨造は、大きな空間の間取りは不向きと言われ、重量鉄骨造のラーメン工法となると、柱や梁(はり)型がでっぱってしまうことがあります。

④鉄筋コンクリート造

「RC造」とも呼ばれる、セメントや砂、砂利からなるコンクリートと鉄筋が一体となり建物を支えている構造のことを指します。強度、耐久性や耐火性、耐震性に優れており、寿命は50年から100年ほどと言われています。柱と梁で建物を支える場合、空間を広く取ることができます。設計の自由度も高く、重厚感のある建物にすることができます。
一方で、建築費が高く、工期も長いことがデメリットとして挙げられます。また、コンクリートにひび割れが発生すると、そこから雨水が浸入します。そしてさらに鉄筋に錆ができると、強度が下がります。鉄筋コンクリートは重量があるため、地盤が緩い場合は地盤そのものから改良する必要も出てきます。

まとめ

4つの工法を今回はご紹介しましたが、その土地や建て主様の希望によってどれが最も良いかは変化します。金額、工期だけでなく、これらの特徴を理解したうえで、あなたにとって最も良い選択ができるようにするのが、設計事務所のお仕事です。どのような工法で住宅設計を行うかご興味のある方はまずは一度、ご相談ください。

まずはお問い合わせください

当サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。 住宅の設計、デザイン、間取り、建て方などのご依頼・ご相談はお気軽にご連絡ください。 電話もしくは以下リンク先よりお問合せいただけます。

エノキ建築事務所
URL:http://enoki-web.net
(本社)address:香川県高松市鶴市町2032-3
TEL:087-881-5611 mail:enoki.ao@d8.dion.ne.jp
(東京)address:東京都杉並区高円寺南4丁目7-3-702
TEL:03-5929-9263 mail:enokitokyo@gmail.com

ノウハウ:照明による空間演出

10/30/2018

 

リビング天井に設置したヤコブソンンのシーリングライト

パイン材を薄くスライスし 組み合わせたシェード。美しい木目からこぼれる 優しい光は、焚き火の柔らかい光を彷彿させ、部屋を優しく包み込みます。

 

ノウハウ


快適に過ごすために意外と見落とされがちなのが部屋の照明です。照明の工夫によりオシャレなカフェのような居心地の良い部屋にすることができます。日本は一室一灯で白い強い蛍光灯を使っているので明かる過ぎるように感じます。一室多灯にすることで様々な照明、用途別で照明を変更できるなど暮らしに合わせた使い方が出来ます。また、最近のLED照明は調節・調光できるものもあります。一部、照明方法をご紹介したいと思います。


タスク・アンビエント手法とは?

タスク・アンビエント手法とは作業面を照らす明かりと、周囲を照らす明かりを上手く組み合わせて行う照明手法を指します。賢い省エネ手法としてカフェやオフィスでも取り入れられており、無駄なく室内を照らすことが出来ます。部屋でどのような作業をするのか、どのように過ごしたいかなどライフワークを検討した上で住宅設計すると非常に快適に暮らすことが出来ます。


照明器具の種類

様々な照明器具があります。どの種類の照明器具を組み合わせて快適な空間演出をするのかが重要な点になります。ここでは照明器具の種類を簡単にご紹介したいと思います。
①主照明
主照明は部屋全体を照らすメインの照明のことを指します。天井に直で付けて部屋全体を照らす「シーリングライト」、コードなどを使用し、天井から吊るす「ペンダントライト」などがあります。また、天井に埋め込んでしまう「ダウンライト」というのもあります。ダウンライトは主照明にも補助照明にも使えます。
②補助照明部分照明や局部照明とも言われます。基本的には特定の場所を照らすために天井や壁などに設置した照明です。「スポットライト」というのが一般的に分かりやすいかと思います。他には「ブラケットライト」という主に壁に取付け、壁面を照らす補助照明もあります。
③フロアスタンドライト
インテリアとして部屋の空間を演出します。こちらの照明を使うことによってメリハリのある空間演出を行うことが出来ます。

まとめ

最近では、オシャレで安い照明器具が多くカフェのような快適な空間を作り出すことが出来ます。照明は精神面にも大きな影響を及ぼすと言われています。しっかりとくつろげる家の設計で快適な家づくりをしていきましょう。設計事務所や建築家へ相談してみるというのも一つの選択肢に入れていただければと思います。

まずはお問い合わせください

当サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。 住宅の設計、デザイン、間取り、建て方などのご依頼・ご相談はお気軽にご連絡ください。 電話もしくは以下リンク先よりお問合せいただけます。

エノキ建築事務所
URL:http://enoki-web.net
(本社)address:香川県高松市鶴市町2032-3
TEL:087-881-5611 mail:enoki.ao@d8.dion.ne.jp
(東京)address:東京都杉並区高円寺南4丁目7-3-702
TEL:03-5929-9263 mail:enokitokyo@gmail.com

ノウハウ:キッチンのプランニング

10/26/2018

 

キッチン前は階段室

キッチン前は階段室 http://enoki-web.net/works/392/

ノウハウ


住宅を建てる際にキッチンのプランニングをどうするかで悩まれる方は多かと思います。そこで、キッチンのプランニングについてご紹介したいと思います。最近では対面キッチンが人気になのでこちらについて詳しくお話ししたいと思います。

対面キッチンとは

対面キッチンとは、ダイニング等に対する形で、キッチン作業(調理作業や洗い物)ができるスタイルのことを指します。壁付キッチンに対する呼称です。対面キッチンをプランニングする際には様々な設計方法があります。壁を設けずにキッチンスペースを確保することでオープンにしたり、対面するキッチンスペースを壁と組み合わせて、ダイニング側と適度に仕切ったりする設計方法があります。また、収納スペースになる吊戸棚や食事をするカウンターなどの配置をどう設計するのかでかなり住宅設計が変わってきます。どのようなライフスタイルで過ごしていきたいのかしっかり検討し、設計事務所へイメージを伝えるのが良いと思います。ここでは対面キッチンのメリットとデメリットについてお伝えします。

対面キッチンのメリット

①リビングやダイニングの様子が分かり、コミュニケーションがしやすい
一般的に言われるメリットです。特に小さなお子さんがいる際は様子を見ながらも調理が出来るので安心して調理できるという声を聞きます。また、お客様がいらっしゃった時など会話しながらお茶や調理ができるという点でも優れています。
②開放感があり、テレビを見ながらの調理ができる
住宅設計の際に間取りやレイアウトを工夫すればテレビを見ながら調理を楽しむことも出来ます。特に忙しい朝の際には情報番組で天気予報などをチェックしつつ、朝食や弁当の準備をすることも可能です。また、調理をする際に外の眺めなども楽しめるため開放的な気分で調理することが出来ます。
③食事の配膳がしやすい
キッチンの前に食事用のカウンターを設ければ簡単に食事の配膳が出来、とても楽です。また、対面キッチンはリビングやダイニング側からどのような作業をしているか分かりやすいので、配膳や片付けなど家族で協力して取り組むことが出来ます。

対面キッチンのデメリット

①部屋全体に調理の臭いがしてしまう
良く言われるデメリットです。リビングやダイニングと面しているため調理の臭いが気になってしまうというデメリットがあります。
②来客の際にキッチン周りも見られてしまう
リビングやダイニングなどから調理器具が見えてしまいやすいというのがあります。
洗い物をしている時などすぐに収納できない状態時に急な来客があった際には困ってしまうということもあります。
③壁付きキッチンと比較して、リビング・ダイニングが狭くなる
対面キッチンは壁付きキッチンと比較してそれなりの面積が必要になるためリビングやダイニングの面積が狭くなります。

デメリットの改善方法

デメリットの部分についてもご紹介しましたが、もちろん改善方法もあります。臭いの部分については換気扇や給気口の工夫やリビングやダイニングに使う内装材を自然素材等の臭いを分解できる機能を持つものを使用するといった方法があります。また、その土地の形状や空気の流れを活かした住宅設計を行うことによって空気の循環がしやすい間取りにします。対面キッチンでも狭く感じない、快適に過ごせるプランニングも重要です。また、キッチンスペースを隠す場合では立ち上りを設ける方法もあります。

まとめ

今回は対面キッチンを中心にご紹介しました。弊社ではオーダーメイドでのキッチンのご相談も承っています。今までキッチンに対するこだわりをお持ちの方の住宅設計を数多くさせていただきました。そのノウハウを活かしてご希望に沿ったご提案をしたいと考えています。

まずはお問い合わせください

当サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。 住宅の設計、デザイン、間取り、建て方などのご依頼・ご相談はお気軽にご連絡ください。 電話もしくは以下リンク先よりお問合せいただけます。

エノキ建築事務所
URL:http://enoki-web.net
(本社)address:香川県高松市鶴市町2032-3
TEL:087-881-5611 mail:enoki.ao@d8.dion.ne.jp
(東京)address:東京都杉並区高円寺南4丁目7-3-702
TEL:03-5929-9263 mail:enokitokyo@gmail.com

ノウハウ:安全性に配慮した住宅設計(段差・階段編)

10/23/2018

 

段差のないエントランス

段差のない広々としたエントランス http://enoki-web.net/works/446/

ノウハウ


今回は安全に配慮した住宅設計についてお話ししたいと思います。今回は段差・階段についてです。


安全に配慮した家づくり

昨今、ユニバーサルデザインということばをよく聞くようになりました。これは簡単に言うと、すべての人のためのデザインということで、年齢や性別、能力の違いに関係なく、誰にでも使いやすいものをつくることを意味します。よく、バリアフリーと混同されますが、ユニバーサルデザインは使う人にとっての「障害(バリア)」があることを前提にしていません。最初からすべての人が使えるデザインを目指しているためです。家づくりにもその考え方は必須です。なぜなら、玄関、和室と廊下の境目、水まわり周囲などの段差で起きるつまずき、転倒などの事故が住宅で起こっているからです。


住宅内事故の原因の多くは段差や階段

家の階段から転倒するなどといった事故は増えています。安全第一で、将来のことを今から考えた住宅設計をすることが必要です。
階段などに手すりを付けておき、手すりの両端は水平な部分を確保することも安全性を高める取り組みとなります。

また、階段勾配は30~35度、蹴上げは15~20cm、踏み面は25~30cm以上を確保、階段の始まりと終わりも40~45cmほど確保できるようにしておきたいところです。
また、階段には踊り場を設けることも考えてみましょう。平坦な場所ができるので休憩もできます。踊り場の踏み面は回り階段で90度か180度、曲がり階段では90度にするのがお勧めです。踏み面が三角になる30度や45度はできるだけ避けましょう。踊り場があるだけで、転落したとしても、怪我をする確率は下がります。部屋と部屋の段差には危険がありますが、腰が掛けられるような段差を設けることは有効です。今後、高齢となった場合や、高齢者がいる家庭では、室内移動の負担を軽減させることに繋がります。また、足腰の弱い人にとって負担となっているのが玄関の段差です。できるだけフラットにしてもよいのですが、靴を履きやすいようにあえて腰が掛けられるような段差を横に作るなどの設計も考えられます。それぞれの生活に応じた細かな安全性まで配慮した住宅設計がポイントです。家づくりの際には事前に将来を見据えた相談を行いましょう。


まずはお問い合わせください

当サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。 住宅の設計、デザイン、間取り、建て方などのご依頼・ご相談はお気軽にご連絡ください。 電話もしくは以下リンク先よりお問合せいただけます。

エノキ建築事務所
URL:http://enoki-web.net
(本社)address:香川県高松市鶴市町2032-3
TEL:087-881-5611 mail:enoki.ao@d8.dion.ne.jp
(東京)address:東京都杉並区高円寺南4丁目7-3-702
TEL:03-5929-9263 mail:enokitokyo@gmail.com

ノウハウ:車庫とガレージとカーポートの違い

10/16/2018

 

ノウハウ


車庫とガレージとカーポート、これらはすべて車を駐車するための設備であることに変わりはありません。それでは、これら3つの名称の違いはどこにあるのでしょうか。

車庫・ガレージ

車庫とは壁と屋根がついた駐車スペースです。シャッターなどで完全に密閉空間となるものも存在します。家を建てる際にあらかじめ家の1階部分に車庫を組み込むビルトインガレージと呼ばれる形態もあります。車庫から直接家に入ることができるので利便性が高く、一般的な施工技法になりつつあります。車庫とはガレージとも呼ばれており、これらの意味合いはだいたい同じであるといってよいでしょう。

カーポート

カーポートとは雨風をしのぐ屋根とそれぞ支える柱のみの簡易な設備です。壁やシャッターに囲まれていないため比較的狭い場所にも設置することができるため、都市部の住宅地に作りやすいでしょう。

費用

費用について考えてみます。一般的には費用は「車庫>カーポート」なことがほとんどです。車庫は壁に囲まれた設計のため設置に時間と費用が掛かります。他方でカーポートはガレージに比べると簡易的な設備であるため、半日程度の短納期で設置することができるため、費用が安く抑えられます。また、カーポートの場合設置・取り壊しを比較的容易に行えるので、車の台数が増えるなどの事態にも柔軟に対応できます。一方でガレージは一度作ってしまうと容易には改築できないため、慎重に設置を検討することが必要です。


実用性

続いては実用性について考えてみます。カーポートは出入庫が容易なタイプが多く、頻繁に車を利用する方にとっては優れていると言えます。また、屋根に透明な素材を用いることで、家に差し込む日差しを遮る可能性も排除できます。ガレージはその気密性の高さから、車を天候の変化から守ることができます。また、安全性も優れており、高級車など盗難のリスクが大きい車を所有される予定の方はガレージの方が安心でしょう。一方で、カーポートとは異なり、ガレージは固定資産に分類されますので、固定資産税がかかることは注意すべきです。その際の税金額については自治体によって違いが出るため、ガレージ建設の際は建設業者にその点を確認することが必要です。


その他

カーポートはそのシンプルな構造から、子どもとの遊び場といった使い方が可能なります。またガレージとは異なり車の出入にシャッターの開閉が伴わないので近隣地域への騒音の心配もありません。一方でガレージは完全に外と切り離した構造にできるため、車を停めるだけでなく、趣味の場所として工具類を収納したり、スキー用具など大きなものを置いておくことができます。


まとめ

ガレージとカーポートにはそれぞれ特徴があって、ご自身のライフスタイルに合わせて適する方を選んでいただければ問題ありません。ガレージを建てようとお考えの方は弊社でも無料の相談を承っております。理想のガレージを叶えるためのお手伝いを全力でさせていただきますので、ぜひご活用ください。


まずはお問い合わせください

当サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。 住宅の設計、デザイン、間取り、建て方などのご依頼・ご相談はお気軽にご連絡ください。 電話もしくは以下リンク先よりお問合せいただけます。
エノキ建築事務所
URL:http://enoki-web.net
(本社)address:香川県高松市鶴市町2032-3
TEL:087-881-5611 mail:enoki.ao@d8.dion.ne.jp
(東京)address:東京都杉並区高円寺南4丁目7-3-702
TEL:03-5929-9263 mail:enokitokyo@gmail.com

ノウハウ:生活の優先順位が戸建住宅の間取りを決める

10/2/2018

 

住宅の間取りを決める際に行っていただきたいこと

住宅の間取りを決める際に行っていただきたいこと

ノウハウ


今回は住宅の間取りを決める際に行っていただきたいことを紹介したいと思います。それは、生活の優先順位を決めるということです。人により生活リズムは違うと思います。すべてを叶えようとするのはコスト面の部分等で難しいこともありますので、このポイントについて記載していきたいと思います。


生活の優先順位は?

あなたが生活していく中でどうしてもこれだけは譲れないというものは何でしょうか。男性の方ですと、働き方改革の影響等もあり、在宅勤務の方も増えています。そのため、自宅での仕事のスペースを確保したいという要望があったりします。女性の方ですと洗濯ものを洗う、干すという作業に重点を置く方もいらっしゃいます。他には育児のしやすさや子どもの成長を考えた生活空間の確保など要望は多岐に渡るかと思います。要望は数えきれないほどありますので、優先順位を決めることは非常に大事な作業になります。そして、ここの部分は絶対に外せないというところを1つや2つ決めることも必要になります。その譲れない部分を中心に戸建住宅の設計をしていくことになります。


中長期的なライフプランを考える

間取りを決める際には、今後の家族構成などのライフプランを決めることから始まります。新しい家族が増えれば、いずれ成長して個室が必要になる可能性もあります。また、物も増えてくるので、収納スペースの確保についても検討する必要もあります。さらに長期的なことを考えると今後の二世帯住宅を検討して増改築を意識した間取りやバリアフリーを考えた間取りも考えられます。将来を長い目で見た戸建住宅の設計をお勧めします。


まとめ

いかがだったでしょうか。生活の優先順位をどう決めて住宅の設計をしていくのかは非常に難しいかと思います。旦那様や奥様で考え方も違ってくる部分もありますので、ご家族で整理してみてはいかがでしょうか。

 


 

まずはお問い合わせください

当サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。

弊社は香川県高松市・東京を拠点に活動している建築設計事務所です。

住宅の設計、デザイン、間取り、建て方などのご依頼・ご相談はお気軽にご連絡ください。 電話もしくは以下リンク先よりお問合せいただけます。

エノキ建築事務所
URL:http://enoki-web.net
(本社)address:香川県高松市鶴市町2032-3
TEL:087-881-5611 mail:enoki.ao@d8.dion.ne.jp
(東京)address:東京都杉並区高円寺南4丁目7-3-702
TEL:03-5929-9263 mail:enokitokyo@gmail.com

 

ノウハウ:収納スペースの考え方

09/18/2018

 

ノウハウ


「おしゃれに設計してもらって建てたはいいけど、実際住むとなると収納とか少ないし結構住みにくい…」
デザインだけをみて頼んでしまうとこのようなことが多々発生します。間取りの設計と同様に、プランニング段階から収納場所や適した広さを確保したいという動きが増えています。そこで、今回は住宅設計を行い、住宅を建てるとき、収納に関して気を付けたいことをお伝えします。

①収納スペースの考え方

収納をする物や生活スタイルによって、収納スペースは変わります。収納も適材適所という考え方があるのです。その場所に収納する物を考え、奥行き、幅、高さを考慮して機能的な収納ができれば、住空間を広くとることができます。

②収納スペースは建物の約15%

現実の収納スペースは、戸建てで8~10%ぐらいとられています。広さを確保したいというのであれば、これ以上の収納スペースの確保を目指したいところです。数字で言うと、約15%くらいを適材適所に配置すると、収納を広く感じることができるでしょう。

③プランニング時から収納スペースを確保する

収納スペースは、プランニング段階からきちんと確保することが大切です。家庭にある物を把握し、どれだけの収納スペースが必要なのかを検討する必要があります。生活スタイルに合わせながらも、将来的に棚を付けられるよう壁に補強下地などを入れ、多少のリフォームができる住宅設計をしておくと便利です。

④スペースがあるのに使いづらい?

「収納スペースは広い方が良いから大きなスペースをいくつも前もって用意したい」と考えられる方も多いかとは思います。しかし、これは正しいようで少し違うのです。スペースはあるのに使いづらいと思うのは、収納の仕方に問題があります。入れる物により、奥行き、幅、高さは違います。物の上に物を重ねるのではなく、棚の有効活用を考えましょう。例えば、棚やハンガーパイプを活用する場合、使用頻度の低い物を高い位置の棚に、使用頻度の高い物は目線から手の高さくらいまでの取りやすい位置に、重い物は下に配置することで使い勝手は数段良くなります。つまり、「収納スペースは場所により大きさと位置が異なっていてもいい」のです。

⑤今後の発生する収納を予期しておく

生活が変化すれば、物は増えていくと考えられます。後から収納場所を増やすことも考えられるでしょう。そうなれば、生活動線への配慮は免れません。

まとめ

このように様々な視点から収納スペースの確保を検討しなければなりません。どのようなライフスタイルを送りたいのか、そして、将来のことを見据えた住宅設計が必要不可欠です。

まずはお問い合わせください

当サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。

弊社は香川県高松市・東京を拠点に活動している建築設計事務所です。

住宅の設計、デザイン、間取り、建て方などのご依頼・ご相談はお気軽にご連絡ください。 電話もしくは以下リンク先よりお問合せいただけます。

エノキ建築事務所
URL:http://enoki-web.net
(本社)address:香川県高松市鶴市町2032-3
TEL:087-881-5611 mail:enoki.ao@d8.dion.ne.jp
(東京)address:東京都杉並区高円寺南4丁目7-3-702
TEL:03-5929-9263 mail:enokitokyo@gmail.com